テクノロジーカテゴリー

車内体験

ボーズは、車内における既存の体験をより良いものにし、新しい体験を創造することで、可能性を広げていきます。

ボースでは、「エクスペリエンス・ドリブン」に取り組んでおり、全ての自動車に向けてプレミアムなサウンドシステムを開発して進化させ続けています。
 現在も、そしてこれからも、ユーザーがリスニング体験をより自由にコントロールでき、全席で個別のリスニング体験ができるよう、技術開発をしています。
  
音楽だけでなく、通話や音声入力、車両の安全警告機能、ナビゲーション音声、乗員同士の会話まで、車内のあらゆる ”音” を向上させることが、ボーズのビジョンです。ボーズは、お客様が未来の車両に求める新しい価値ある体験を生み出します。

SeatCentric Rear Seat Attenuation コンセプト

これまで、車内では「全員が同じもの聴く」という一つの体験に限定されてきました。後席でヘッドホンを使って自分の好きな音楽を聴きたいと思っても、車内の音楽が邪魔になり、十分に楽しむことができませんでした。 従来の音量調節機能(フェーダー)を使って後部スピーカーの音量を下げることもできますが、後席ではフロントからのサウンドが漏れ聞こえてしまい、前席のサウンド品質にも悪影響を与えます。 ボーズは、乗車しているすべての人が、よりパーソナルなリスニング体験を楽しめるべきだと考えます。

SeatCentric Rear Seat Attenuation (RSA) は、後席でも、もっと自由に過ごせるように、前席と後席でフェーダーでは実現できなかった音量差を作り出し、より質の高い静かな空間を後部座席に提供しますます。 フロントで大きな音量で音楽を聴く場合も、リヤでは静かな環境が維持されるため、自分のデバイスで音楽を聴いたり、エンターテイメントを楽しんだり、静かな空間でリラックスして過ごすこともできます。 このテクノロジーは、各スピーカーを正確にコントロールし、後席の乗員耳元に届く低音をアクティブノイズキャンセリングで打ち消しながら、前の座席には正確で広がりのあるサウンドを届けます。

SeatCentric Rear Seat Attenuationは、
以下のユーザー体験カテゴリーをサポートします:

SeatCentric Volume Control コンセプト

誰かとドライブする際に、トラブルの要因となりがちなのが、音楽の音量です。 ドライバーと同乗者が、同じ音量で音楽を聴きたいと思うことは稀です。曲によって聴きたい音量が異なるという状況は、 誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。 

 Bose SeatCentric Volume Controlは、ヘッドレストまたはシートトップに搭載されたUltraNearfield スピーカーを通して、前席の二人が同じ音楽を個人に合った音量で楽しむことができるように調整します。 音楽がよりパーソナルな体験になることで、気持ちよく車内時間を過ごすことができます。 

 

SeatCentric Volume Control 以下のユーザー体験カテゴリーをサポートします:

SeatCentric Aware Signal Steering

運転していると、道路状況や、ナビ情報、周囲の環境といった多くの情報を一人でカバーしきれないと感じることもあると思います。また、音声認識やルート案内は、音楽や同乗者の騒音に紛れて聞こえなくなることがあります。一度に多くのことに集中しようとすると、安全性、認識力、そして旅の楽しさに影響を及ぼしかねません。 

Bose SeatCentric Aware Signal Steering Technology は、車内の最も意味のある場所に音を配置することで、より直感的な認識をサポートできます。左後方の死角警告は、左後方から聞こえるようになり、右折のナビ案内は、右から聞こえてきます。この技術は、安全に関する警告、道案内、電話の呼び出しなど、さまざまな情報を提供できます。よりスマートで安心なドライビングのために、音声情報の聴こえ方をデザインします。

 

 

SeatCentric Aware Signal Steering 以下のユーザー体験カテゴリーをサポートします:

SeatCentric Call Placement コンセプト

車内でハンズフリー通話する際の不便さは、多くの人が経験していることでしょう。 電話が鳴った途端、音楽が止まる。 音声がクリアに聞こえない。 同乗者にも通話の内容が聞こえ、ドライバーのプライバシーがほとんどない、などです。 また、通話が終わるまで、聴いていたコンテンツは再生されません。 Bose SeatCentric Call Placement技術は、よりプライベートな通話空間をドライバーに提供し、他の乗員は、音楽などのオーディオエンターテイメントを中断されることなく楽しむことができます。 
 
ヘッドレストやシートトップに埋め込まれたUltraNearfieldスピーカーを使い、Bose SeatCentric Call Placementが通話音声を再生します。 プライバシーが向上し通話がクリアになるため、ドライバーはいつでも電話を受けることができ、車内にいる全員が、好きな時に好きなコンテンツを聴くことができます。 

SeatCentric Call Placement 以下のユーザー体験カテゴリーをサポートします: