テクノロジー

SEATCENTRIC EXPERIENCES

ボーズが変えようとしているのは、車内のサウンドすべて。それは、
あなたのすわっているところから始まります。

ドライバー視点のサウンド設計

ボーズは車種専用設計のプレミアムサウンドシステムを開発し、新たな標準を打ち立てました。常に可能性に挑み、一人ひとりのニーズに対応しています。さらなる品質改善新規開発、両方においてです。ボーズが特に力を入れているのは、一人ひとりに合ったサウンド体験の実現です。音楽、通話、音声コマンド、安全警告、ナビゲーションの指示、さらに車内の会話まで、あらゆる視点から車内のサウンドに取り組んでいます。

https://automotive.bose.jp/sites/default/files/background-videos/SeatCentric_01_v5.mp4

ボーズの考え方

いい音を聴きたいのであれば、スピーカーを耳に近づけるのも1つの方法です。ヘッドレストスピーカー高性能DSPを組み合わせて、よりパーソナルな音楽体験が可能になりました。Bose UltraNearfieldスピーカーは、ヘッドレスト内蔵の専用設計。高機能ソフトウェアとの組み合わせで、さらに多くの効果が期待できます。

可能性は無限大 

テクノロジーを超えた、ボーズの哲学と言えます。車内の座席ごとに最適なサウンドは異なるはず。DSPによる信号処理技術を活用して、さらに一人ひとりにあったサウンド体験を目指します。その取り組みはすでに始まっています。 

始まりはヘッドレストから

ボーズは考えました。もっと素晴らしいサラウンドサウンドを作るには、どうすればいいのか。そこでヘッドレストにスピーカーを設置しました。TrueSpace信号処理と組み合わせることで、ワイドで拡がりのある、今までにないサラウンドサウンド体験が生まれます。

コンバーチブルに技術を応用

ヘッドレストで採用したサウンドシステムをコンバーチブルに応用し、さらに改良を進めました。コンバーチブルの興奮はそのままに、周囲の音にられることなく音楽を楽しむことができます。

Bose Personal System仕組み

ワイドなサラウンドサウンドが、自分だけのために。コンパクトカーでも、迫力のサウンドを体感できるシステムです。PersonalSpace信号処理の発明により、ドライバーはより臨場感を得ながら、音場の広さを調整できるようになりました。

 

詳しくはこちら

音楽だけではない、サウンドの進化

Bose Awareにより、ヘッドレスト内部にテクノロジーを組み込むことが可能になりました。通話からナビゲーションまで、あらゆる種類のサウンド情報がドライバー視点で提供されるため、ドライバーは運転に集中できます。  

 

詳しくはこちら

さらなる未来へ: 一人ひとりに合ったサウンドを

どの座席でも、最高のサウンドが楽しめること。カーシェアリング自動運転車など、自動車の未来が多様化する中、ボーズはSeatCentricテクノロジーを開発の中心に置いています。すべての座席で最適なサウンドが楽しめるよう、開発に取り組んでいます。

https://automotive.bose.jp/sites/default/files/background-videos/SeatCentric_03_v4.mp4