テクノロジー

ACTIVE SOUND
MANAGEMENT

数々の賞に輝くQuietComfortノイズキャンセリングヘッドホンを発明したボーズが、車のサウンドに革命をもたらしました。これまで培ってきたイノベーションと経験を、車に応用しています。

車の性能を
支えるサウンド

軽量。高い効率性。サウンドパフォーマンスの向上。自動車メーカーは、ハードウェアの追加なしにこれらの実現を目指しています。Active Sound Managementは、きめ細かいスペックに合わせてエンジンサウンドを軽減、最適化するテクノロジー。さらに快適な運転を実現します。
 

動画を見る

https://players.brightcove.net/1239686373001/4UYPzI9wt_default/index.html?videoId=6163686878001

ENGINE HARMONIC
CANCELLATION

パワートレインが発する不快なノイズを自動的に抑える技術です。オーディオシステムから位相の波形を発信し、不要なノイズを打ち消すアルゴリズムを採用しています。

ENGINE HARMONIC
ENHANCEMENT

ボーズのエンジニアは、自動車メーカーと協力して、メーカー独自の魅力的なエンジンサウンドを生み出しています。サウンドシステムと連動し、エンジンの特定音域を増幅するアルゴリズムを採用。車内に心地よいパワートレインサウンドが響きわたります。

ROAD NOISE CONTROL

ロードノイズを低減し、
極上のサウンドで、至福の時間を。

Bose が誇る、最新のアクティブノイズキャンセリング技術を搭載する「Bose Road Noise Control (RNC) 」が、いよいよ次世代自動車に採用可能となります。ノイズキャンセリングヘッドホンでおなじみのBoseが、車両向けに開発したこのシステムは、自動車メーカーが長年悩み続けていたロードノイズに対する画期的なソリューションとなるでしょう。

走行中の車のノイズには、路面の凹凸によって発生するノイズ、タイヤのトレッドに起因するノイズ、そして車体の振動音によるノイズなどがあります。これらのノイズを低減するために自動車メーカーがこれまで取り組んできた対策は、吸音材や防振材などの防音防振技術を利用する、いわゆるパッシブ(受動的)なノイズキャンセリング対策であり、それによって車体が重くなったり、ハンドリングの性能や燃費が低下したりするなど、車両性能に妥協を余儀なくされてきました。そこで、Boseは、車両性能に影響を与える従来の対策ではなく、ノイズを効果的に低減する全く新しいソリューションを目指しました。

 

動画を見る

 

 

そして完成したのが、アクティブノイズキャンセリング技術を搭載したRNCテクノロジーです。このテクノロジーは、車のオーディオシステムから逆位相の波形を発信し、不要なノイズを打ち消すアルゴリズムを採用するため、車両性能に妥協することなく、ロードノイズを大幅に抑えることができます。それにより、走行中でもノイズに邪魔されることなく音楽を堪能し、車内での会話を存分に楽しみ、その優れた静粛性によってゆったりと休息できるようになります。

将来的に、自動車の軽量化や電気自動車が一般的になると、ロードノイズがより一層懸念されるようになるでしょう。ボーズはこれからの未来に向けて、最高の音響空間で、極上のサウンドを堪能できるように、さらなる技術開発を進めていきます。

開発中のテクノロジー

Active Sound Managementが創る未来

ノイズキャンセリングテクノロジーにおいて、業界トップクラスの技術を誇るボーズは、車室内での極上のサウンド体験を追求するため、日々たゆまぬ研究開発を行っています。広帯域ノイズキャンセリングで、風切り音やタイヤのノイズ、周囲のあらゆる騒音などをシャットアウトし、もっと静かに運転できたら、どんなに素晴らしいことでしょう。Boseは、最先端へのあくなき挑戦で、いつでも究極のドライブ体験を堪能できる、素晴らしい未来を実現します。