技術カテゴリー

アクティブサウンドマネジメント

ボーズのノイズキャンセリングにおけるイノベーションと経験を、車両に採用しました。

https://automotive.bose.jp/sites/default/files/background-videos/Turn_Cars.mp4

Bose Active Sound Management (ASM) は、サウンド再生と ノイズマネジメント技術のセットで、自動車メーカーのビジョン実現をサポートする技術です。 メカニカルノイズ問題にアクティブソリューションを適用することで、難しいとされるノイズとサウンドマネジメントの問題に取り組みました。これにより、ユーザーの期待に沿い、乗員を快適に目的地まで送り届け、技術的なトレードオフを減らし、エンジニアが更なる高みを目指せるようにサポートします。

ボーズのASMテクノロジーは、高い柔軟性を備えています。単独で、あるいは組み合わせて、目標とするサウンドを実現します。自動車メーカーは、共同開発プロセスを一貫して管理しながら、ボーズのパワフルなツールを使い、目的を達成できます。 ボーズは、専門家によるチューニングとシステムインテグレーションサービスを含むコンサルティングと目標実現へのサポートを提供します。 すべては、自動車メーカーと一緒に、最高の車内体験を作り上げるためです。

ノイズマネジメントテクノロジーの様々な挑戦

車内のノイズは、幅広い帯域で、様々な特徴があります。 エンジニアは、長年これらの要素を解明しようと試みてきました。 実際のところ、高周波のノイズを減らす方法として、従来のメカニカルな対策が何年間も使われてきました。 しかし、その方法で低周波ノイズを減らすと、車両重量が大幅に増えていました。 Engine Harmonic Cancellationと QuietComfort Road Noise Controlがあれば、エンジニアは車重の増加を最小限に留め、低周波ノイズを効果的に抑えることができます。

 

あらゆる車種に対応するソリューション

ノイズとサウンドの問題は、クルマの価格帯にかかわらず、ほとんどの車両にあります。 ボーズのASMは、小型車から、スポーツカー、高級車、そしてSUVやトラックまで、様々なメーカーが開発したベースレベルからプレミアムレベルのサウンドシステムに対応します。

 

様々なハードウェアプラットフォームに適応するアルゴリズム

現代のクルマは、デジタル技術とソフトが車両に組み込まれています。 現代の車両設計においては、個々のユニットに代わって、プラットフォームが使用され、互換性が重要視されています。このことを念頭に置いて、Bose ASMテクノロジーは、複数のコンピューティングプラットフォーム上で動作するように設計されています。
 つまり、Bose ASMはBoseサウンドシステムと連動する必要がないため、ほぼ全ての自動車メーカーがこのユニークな顧客体験を提供可能です。

QuietComfort Road Noise Control

 

車重を減らし、航続距離を伸ばしながら、ロードノイズを低減する。

QuietComfort Road Noise Control
は、広帯域キャンセルアルゴリズムと加速度センサー、マイク、車両のオーディオシステムを使って、車内に響くロードノイズ、タイヤノイズ、シャシーノイズを広帯域で低減させます。
  しかし、エンジニアにとってさらに重要なのは、QuietComfort RNCが可能にすることです。 これまでは、ロードノイズやタイヤノイズ、シャーシノイズなどの低周波騒音を低減するには遮音材やアンダーコート、重いシャーシ部品などを採用していたため、車両の重量は重くなる一方でした。この重量増加は、燃費や、電気自動車にとって重要な航続距離などに悪影響を及ぼします。

QuietComfort RNCを使えば、それは過去のものとなります。エンジニアは、燃費や車両運動性能を事実上低下させる重量物を組み込む方法を検討することに注力する必要がなくなるのです。

QuietComfort RNCは、30年以上にわたる業界最先端のアクティブノイズキャンセリングと音響心理学の研究に基づいており、過去10年間、当社の自動車用製品に適用されてきました。これにより、ドライバーと同乗者は、エントリーレベルの車であっても、世界トップクラスの騒音低減を体験することができます。簡単に言えば、QuietComfort RNCは、車両の格を1ランク引き上げるテクノロジーなのです。

仕組みについて

QuietComfort RNCは、車内にノイズが伝わる前に、シャシー振動をセンサーで検知し、情報処理することで騒音を打ち消す逆位相の信号を生成し、それが車両のサウンドシステムを通して再生されることで、乗員に届く低周波ノイズを軽減します。 様々な路面、タイヤ、異なる車両特性に適応します。QuietComfort RNCの性能は、設計段階で取り付けられ、車両の老朽化に伴って劣化する従来の騒音対策とは異なり、車両のライフタイムを通じて適応性と有効性を維持します。

QuietComfort Road Noise Controlは、以下のユーザー体験カテゴリーをサポートします:

Engine Harmonic Cancellation

 

車両設計に更なる自由を。技術的なトレードオフを減らし、より理想に近いパワートレインサウンドを。

Engine Harmonic Cancellation (EHC)は、エンジンやプロペラシャフト、電気モーターなどが回転することで生じるノイズを打ち消す信号を生成して車内のノイズを減少させる、適応型テクノロジーです。   ドライバーが最も心地の良いエンジン音を聞くけるように、不要な周波数を識別して切り離します。

しかし、EHCは、エンジンノイズを低減するだけではありません。 自動車メーカーが、車両設計の過程で直面する技術的トレードオフを減らす役割も果たします。 これにより、エンジニアの妥協を最小限にとどめ、パフォーマンスを最大限に引き出します。
 その他のBose ASMテクノロジーと同様に、Engine Harmonic Cancellation (EHC)は、軽量な電気的ソリューションです。 重量増、燃費悪化、排気悪化といった悪影響を及ぼす従来のメカニカルなソリューションの欠点無しに、車内の低周波ノイズを減らします。エンジンと車体は車種によりそれぞれ異なります。ボーズのシステムエンジニアは、車内音響とベースラインノイズの違いを考慮し、車内のインテリア、パワートレイン、排気口に至るまで、EHCのアルゴリズムをすべての車両に対応できるように調整しています。

仕組みについて

 車載CAN busのエンジンに関する情報を使い、計画的に車内にマイクを配置することで、 EHC はエンジンやドライブラインの狭帯域ノイズを継続的に測定します。 この適応性のあるテクノロジーは、独自のアルゴリズムを利用し、特定の高調波を捉え、不要なノイズの大部分を打ち消します。 EHCは、複数の音源からくる、複数のノイズを一度に管理することが可能です。

Engine Harmonic Cancellation
は、以下のユーザー体験カテゴリーをサポートします:

Engine Harmonic Enhancement

 

車内体験を向上させ、ドライバーが求める音響特性を作り出します。

エンジンから理想の音響特性を得るには、吸気管、バランスシャフト、エキゾーストなどの機械的評価が必要になるため、高コストになります。
 しかし、ドライバーは完璧なリスニング体験を求め、規制は環境に配慮した低燃費に向けた取り組みを強化するため、両者の折り合いをつけることは難しいです。

Bose Engine Harmonic Enhancement (EHE) は、これらの相反する要求や他業界からのプレッシャーを低減し、特定のエンジン音を増幅させることで理想の音響特性を生み出せるようにデザインされています。
​ 例えば、スポーツカーを運転するときは、スポーツカー独特のサウンドを聴きたいと思います。 エンジンの高圧縮やターボ化といった技術は素晴らしい利点がありますが、車内のサウンド体験には悪影響を及ぼします。

EHEは、今まで何年間もメカニカルな対策では成し遂げられていたことを、電気的ソリューションを持って達成します。特定のエンジン音量を上げることで、理想の特性を強調します。 この電子的ソリューションは、追加コストを抑えるだけでなく、吸気管の調整や特別な排気バルブの使用といったメカニカルな対策をするための重量増と追加工数なしに、車内のエンジン音を向上させることができます。
これにより、エンジニアは可能な限り最高な車内体験を作り出すことができ、 さらに完璧な音響特性に仕上げることも可能となります。ボーズ独自のBose EHE ツールセットで、エンジニアは自分の手で音を調整できるため、完全な音の可能性を見つけることができます。

仕組みについて

EHEは、車載サウンドシステムと車両に取り付けたセンサーを使い、特定のエンジン高調波を増幅させることで、車内のドライブ体験を向上させます。 主にエンジン、ドライブライン、プロペラシャフトや電気モーターなど、回転することで生まれる高調波の増幅に有効です。 さらに、最新のEHEは、Waveファイルに基づいたサウンドを生み出すこともできます。 これは、エンジニアが内燃機関を持たない電気自動車など、パワートレインノイズを生成しない車両向けに、完璧な音響特性を見つける可能性を広げます。

Engine Harmonic Enhancementは、
以下のユーザー体験カテゴリーをサポートします:

Electric Vehicle Sound Enhancement

 

電気自動車のサウンド特性において新しい可能性を発見しましょう。

Electric Vehicle Sound Enhancement (EVSE)は、自動車メーカーをインスピレーションを促し、電気自動車が必要とする理想のサウンド特性を作るサポートをします。

実際に、ボーズは電気自動車の典型的な「走行音」よりさらに良いものを求めており、それをEVSEが可能にします。カスタマイズされた合成音源を、車両のサウンドシステムを通して再生することで、電気自動車のサウンド特性を様々なものに変えられます。

車速、モータートルク、アクセル開度といった車両情報を組み合わせ、事前に録音されたサウンドファイルと独自のアルゴリズムEVSEを使い、自動車メーカーが電気自動車に望む様々なサウンドを生み出します。
さらに、EVSEは電気的ソリューションのため、追加コストや追加重量無しで、車内のパワーユニット音を向上できます。 これにより、エンジニアは車両設計における他の領域への影響を心配することなく、可能な限り最高の車内体験を作り出すことができます。

仕組みについて

EVSEは合成音源を、車両のサウンドシステムを通して再生することで、電気自動車のサウンド特性を変えることができます。 車速、モータートルク、アクセル開度といった情報を分析し、独自のアルゴリズムに応用することで、以前とは劇的に異なるサウンドを生み出します。 自動車メーカーとエンジニアは、電気自動車向けにどんな音響特性でも作り出せます。

Electric Vehicle Sound Enhancementは、
以下のユーザー体験カテゴリーをサポートします: