BASSMATCH

驚き、興奮

魂を揺さぶるパワー

圧倒的な存在感の重低音。

マツダとのコラボから生み出された、驚きの成果。新しいBassMatchテクノロジーでは、通常はドアにある前方の低音スピーカーを、お部屋の両隅にサブウーファーを置くように、フロントカウルサイドに配置しました。

コラボレーションによる、驚きの成果

ボーズは、世界中の著名な自動車メーカーとの関係を大切にしています。お互いがチームとして協力することで、相乗効果によって驚きの成果が生まれます。最新の成果では、前方の低音スピーカーを新型Mazda3の車体に統合。後方のベースモジュールとの組み合わせで、包み込むような音を聴くことができます。

聴いて、運転して、感じる

ハンドルを握ると、そこはあなた中心の世界。Mazda3に乗り込んだときから、自由自在の操作を実現。ボーズサウンドシステムをオンにすれば、臨場感あふれる音楽が再生されます。重低音が車内に反響することで拡がりを増し、どこに行くとしても、運転中の気分を高める低音を感じることができます。ソリッドで重厚な低音で、湧き上がるパワーを体感。地面と一体になるような機敏な動作爽快感を実現するMazda3で、すべての感覚がよりリアルに。

音楽が、今まで感じたことのないほどリアルに。

 

動画を見る

https://youtu.be/JyaO_xir4JA

ロケーション、ロケーション、ロケーション

スピーカーの配置で、そのパフォーマンスは変わります。それが分かっていても、理想的な車内配置にするのは難題です。当面の解決策として、低音スピーカーがドアに設置されていますが、まだまだ課題はあります。ボーズはこの課題に何十年も取り組み、柔軟な考えを取り入れて、最善の方法に辿り着きました。マツダと協力し、低音スピーカーをお部屋のように配置できない試したのです。深い低音がより拡散・反響するように、車室の両隅に配置できないか考えたのです。そして、新型Mazda3の革新的なレイアウトにより、低音スピーカーをフロントカウルサイドに配置しました。また、後方のベースモジュールで前方の低音スピーカーを補助することで、リスナーを包みこむ12基のスピーカーシステムを実現しています。

ソリッドな低音

重低音低音域など、さまざまな呼び方がありますが、意味するものは全て同じ。それは音楽の基幹をなすもの。軽快で情熱的なメロディと合わせて、堅実な低音の旋律が音楽を支えます。演奏歌の旋律に不変の鼓動を与えます。

重低音で、革新的な高みへ。

 

動画を見る

https://youtu.be/ez6gMfVr-Dw

 
BassMatchテクノロジーは、これらのモデルに搭載されています。